今日のお弁当

ブリの塩焼き、ブロッコリー、ミルクマヨかぼちゃ、煮豆。

f:id:kamishto:20171128171545j:plain

 

審美歯科取り扱っている素材

オールセラミック

f:id:kamishto:20171128170829j:plain

セラミックは生体親和性が高く、天然歯のような美しさと透明感を再現できる素材です。その素材を使用し詰め物や被せ物に加工します。天然歯よりも強度が高いので咬み合う歯を傷つけてしまうことがありますので使用部位や形には注意が必要ですが、とても美しく仕上げることができます。

ジルコニア

f:id:kamishto:20171128170903j:plain

強度が高いうえに軽いジルコニア。生体親和性が高く、耐久性、耐食性、耐熱性に優れ、光の透過性も高いので天然歯のように美しく仕上げることができます。これまで金属のフレームが必要であった強い力がかかる奥歯やブリッジにも使用可能なセラミック素材です。人工関節にも使用され、メタルフリーなので金属アレルギーの心配が無い体に優しい素材です(ホワイトニング機器)。

ハイブリッドセラミック

f:id:kamishto:20171128170929j:plain

セラミックとレジン(歯科用プラスチック)を混ぜ合わせた素材がハイブリッドセラミックです。特性としてはセラミックよりもレジンに近い素材といえます。硬すぎず摩耗しやすいので咬み合う歯を傷つけません。保険診療で使われる硬質レジンに比べて強度が高く、着色も少なめです(歯科 シェードガイド)。

砂肝のネギ塩ポン酢炒め

砂肝のネギ塩ポン酢炒め

f:id:kamishto:20170925182221j:plain

料理名:砂肝のネギ塩ポン酢焼き

■材料(2人分)
砂肝 / 100グラム
長ネギ / 30グラム
サラダ油 / 小さじ2
塩コショウ / 少々
ポン酢 / 小さじ2

■レシピを考えた人のコメント
砂肝とネギの相性は抜群です

矯正治療とは

歯の矯正のメリット
矯正歯科は歯並びの治療を専門に行っている歯医者ですが、そもそもどうして歯並びの治療が必要なのでしょうか?歯には本来あるべき位置と咬み合わさり方があります。歯並びや咬み合わせををよくすることは健康に生活していくうえで以下のようなメリットがあります。

f:id:kamishto:20170925175922j:plain


矯正治療のメリット

矯正治療で歯並びや咬みあわせをよくすると次のようなメリットがあります。

笑顔に自信がもてる
きれいな歯並びや口元は人に良い印象を与え、表情も明るくなります。

虫歯や歯ぐきの病気になりにくい
きれいな歯並びは食べかすがたまりにくく歯みがきがやりやすくなります。口呼吸の改善も虫歯や歯周病の予防につながります(歯科機器)。

発音が良くなる
歯並びが悪いとサ行、タ行、ラ行の発音がしにくいことがあります。

良く咬めるようになり消化が良くなる
胃腸の負担が軽くなり、咬むことが脳を刺激し頭の働きも良くします。

あごの関節の痛みや肩こりなどの軽減
咬み合わせが悪いとあごや首の筋肉に負担がかかり、顎関節症や肩こりなどの原因になることがあります(歯科 バキューム)。

 

 

椿の葉でタケノコのアク抜き!!

蘭友からタケノコを頂きました。
今年初めてのタケノコです。
かねて伺った“斬新なタケノコのあく抜き方法”を試してみることにしました。

それで、タケノコと一緒に椿の枝葉も貰ってきました。
斬新なアク抜き方法とは、椿の葉を一緒に茹でるという、いとも簡単なやり方なのです。

この春の蘭会で、長老から教えて頂きました。
同席の方々は
「そんなのは聞いたことがない。」
と口を揃え、中にはあからさまに嘲笑する人さえいました。
自分も半信半疑だったので帰宅してネット検索したところ、椿や山茶花の葉でタケノコのアク抜きができるようでした。

その後、縁が無かったタケノコでしたが、今日に至り、過日の話を実践してみました。

すると、見事、椿の葉でタケノコのアクが抜けました。


方法は簡便で説明の必要はないほどですが、一応、画像とともに順を追って説明します。

先ず、材料です。
皮を剥いたタケノコと椿の枝葉です。
タケノコは春先から出回っている種類です。少ない量なら皮付きで茹でても大丈夫でしょう。
椿は普通の園芸椿を使いましたが、山茶花の葉でもよいらしいです。

f:id:kamishto:20170508164856j:plain

 

使った椿の葉は10枚ほどですが、皮を剥いて割ったタケノコなら、この程度の量で充分なようです。
表裏に着いた埃など、汚れを洗い流しました。

f:id:kamishto:20170508164905j:plain

 

縦に二分割したタケノコと椿の葉を鍋に入れ、水から茹でます。

f:id:kamishto:20170508164911j:plain

 

沸騰してから中火で15分ほど茹でました。
泡状にアクが出ます。

f:id:kamishto:20170508164919j:plain

 

しっかりとアク抜きをしたければ、火を止めてから自然に冷えるまで置きます。
エグ味を風味として少し残したければ、火を止めたら流水で冷やします。

f:id:kamishto:20170508164926j:plain

 

椿の葉でアク抜きしたタケノコを使って作ってもらった炊き込みご飯と味噌汁です。
とても美味しく頂きました。
他のおかずは、秘密です。

f:id:kamishto:20170508164934j:plain

 

米ぬか、大根おろし、トウガラシなど、タケノコのアク抜き方法は色々ありますが、我が家は、以後、この方法に決まりです。
シーズンが終わり間近のタケノコですが、よかったらお試しください。

 

歯科用マイクロモーターの特徴

●歯科用マイクロモーターは音が低い
 
歯科用マイクロモーターは、電気モーターのウィーンという音は少し聞こえますが、エアータービンを使うときに起きるキーンという回転音は低減します。
521_G_1417166896329

 
●歯科用マイクロモーターは振動が少ない
 
エアータービンは、被せ物を外す時などに、ドリルの回転がぶれて振動を感じる時がありますが、歯科用マイクロモーターは、ドリルの回転ぶれが少なく、エアータービンに比べて、患者さんの感じる振動が低減します。
 
 
●歯科用マイクロモーターは微調整が出来る
 
エアータービンのドリルの回転スピードは、空気制御で行っているため、あまり細かい微調整が出来ませんが、歯科用マイクロモーターは、電気制御のため、ドリルの回転数を細かく微調整することが可能です。これにより、より精度の高い治療が可能になります。(マイクロモーター歯科)
 
●歯科用マイクロモーターは力が強い
 
エアータービンは、空気の力で羽根を回転させてドリルを回しているため、例えば何かに引っかかってしまうなど、ドリルに抵抗が掛かると、途中で止まってしまうことがあります。これに比して歯科用マイクロモーターは、電気の力でモーターを回転させてドリルを回しているため、途中で止まってしまうことがあまりありません。(これを 、ドリルのトルクが強いと言います)ドリルのトルクが強いと、被せ物を除去する時などに、患者さんへの振動が少なく、より早く快適に除去が出来るようになります。 

歯科用マイクロモーターの特徴

●歯科用マイクロモーターは音が低い
 
歯科用マイクロモーターは、電気モーターのウィーンという音は少し聞こえますが、エアータービンを使うときに起きるキーンという回転音は低減します。
521_G_1417166896329

 
●歯科用マイクロモーターは振動が少ない
 
エアータービンは、被せ物を外す時などに、ドリルの回転がぶれて振動を感じる時がありますが、歯科用マイクロモーターは、ドリルの回転ぶれが少なく、エアータービンに比べて、患者さんの感じる振動が低減します。
 
 
●歯科用マイクロモーターは微調整が出来る
 
エアータービンのドリルの回転スピードは、空気制御で行っているため、あまり細かい微調整が出来ませんが、歯科用マイクロモーターは、電気制御のため、ドリルの回転数を細かく微調整することが可能です。これにより、より精度の高い治療が可能になります。(マイクロモーター歯科)
 
●歯科用マイクロモーターは力が強い
 
エアータービンは、空気の力で羽根を回転させてドリルを回しているため、例えば何かに引っかかってしまうなど、ドリルに抵抗が掛かると、途中で止まってしまうことがあります。これに比して歯科用マイクロモーターは、電気の力でモーターを回転させてドリルを回しているため、途中で止まってしまうことがあまりありません。(これを 、ドリルのトルクが強いと言います)ドリルのトルクが強いと、被せ物を除去する時などに、患者さんへの振動が少なく、より早く快適に除去が出来るようになります。