砂肝のネギ塩ポン酢炒め

砂肝のネギ塩ポン酢炒め

f:id:kamishto:20170925182221j:plain

料理名:砂肝のネギ塩ポン酢焼き

■材料(2人分)
砂肝 / 100グラム
長ネギ / 30グラム
サラダ油 / 小さじ2
塩コショウ / 少々
ポン酢 / 小さじ2

■レシピを考えた人のコメント
砂肝とネギの相性は抜群です

矯正治療とは

歯の矯正のメリット
矯正歯科は歯並びの治療を専門に行っている歯医者ですが、そもそもどうして歯並びの治療が必要なのでしょうか?歯には本来あるべき位置と咬み合わさり方があります。歯並びや咬み合わせををよくすることは健康に生活していくうえで以下のようなメリットがあります。

f:id:kamishto:20170925175922j:plain


矯正治療のメリット

矯正治療で歯並びや咬みあわせをよくすると次のようなメリットがあります。

笑顔に自信がもてる
きれいな歯並びや口元は人に良い印象を与え、表情も明るくなります。

虫歯や歯ぐきの病気になりにくい
きれいな歯並びは食べかすがたまりにくく歯みがきがやりやすくなります。口呼吸の改善も虫歯や歯周病の予防につながります(歯科機器)。

発音が良くなる
歯並びが悪いとサ行、タ行、ラ行の発音がしにくいことがあります。

良く咬めるようになり消化が良くなる
胃腸の負担が軽くなり、咬むことが脳を刺激し頭の働きも良くします。

あごの関節の痛みや肩こりなどの軽減
咬み合わせが悪いとあごや首の筋肉に負担がかかり、顎関節症や肩こりなどの原因になることがあります(歯科 バキューム)。

 

 

椿の葉でタケノコのアク抜き!!

蘭友からタケノコを頂きました。
今年初めてのタケノコです。
かねて伺った“斬新なタケノコのあく抜き方法”を試してみることにしました。

それで、タケノコと一緒に椿の枝葉も貰ってきました。
斬新なアク抜き方法とは、椿の葉を一緒に茹でるという、いとも簡単なやり方なのです。

この春の蘭会で、長老から教えて頂きました。
同席の方々は
「そんなのは聞いたことがない。」
と口を揃え、中にはあからさまに嘲笑する人さえいました。
自分も半信半疑だったので帰宅してネット検索したところ、椿や山茶花の葉でタケノコのアク抜きができるようでした。

その後、縁が無かったタケノコでしたが、今日に至り、過日の話を実践してみました。

すると、見事、椿の葉でタケノコのアクが抜けました。


方法は簡便で説明の必要はないほどですが、一応、画像とともに順を追って説明します。

先ず、材料です。
皮を剥いたタケノコと椿の枝葉です。
タケノコは春先から出回っている種類です。少ない量なら皮付きで茹でても大丈夫でしょう。
椿は普通の園芸椿を使いましたが、山茶花の葉でもよいらしいです。

f:id:kamishto:20170508164856j:plain

 

使った椿の葉は10枚ほどですが、皮を剥いて割ったタケノコなら、この程度の量で充分なようです。
表裏に着いた埃など、汚れを洗い流しました。

f:id:kamishto:20170508164905j:plain

 

縦に二分割したタケノコと椿の葉を鍋に入れ、水から茹でます。

f:id:kamishto:20170508164911j:plain

 

沸騰してから中火で15分ほど茹でました。
泡状にアクが出ます。

f:id:kamishto:20170508164919j:plain

 

しっかりとアク抜きをしたければ、火を止めてから自然に冷えるまで置きます。
エグ味を風味として少し残したければ、火を止めたら流水で冷やします。

f:id:kamishto:20170508164926j:plain

 

椿の葉でアク抜きしたタケノコを使って作ってもらった炊き込みご飯と味噌汁です。
とても美味しく頂きました。
他のおかずは、秘密です。

f:id:kamishto:20170508164934j:plain

 

米ぬか、大根おろし、トウガラシなど、タケノコのアク抜き方法は色々ありますが、我が家は、以後、この方法に決まりです。
シーズンが終わり間近のタケノコですが、よかったらお試しください。

 

歯科用マイクロモーターの特徴

●歯科用マイクロモーターは音が低い
 
歯科用マイクロモーターは、電気モーターのウィーンという音は少し聞こえますが、エアータービンを使うときに起きるキーンという回転音は低減します。
521_G_1417166896329

 
●歯科用マイクロモーターは振動が少ない
 
エアータービンは、被せ物を外す時などに、ドリルの回転がぶれて振動を感じる時がありますが、歯科用マイクロモーターは、ドリルの回転ぶれが少なく、エアータービンに比べて、患者さんの感じる振動が低減します。
 
 
●歯科用マイクロモーターは微調整が出来る
 
エアータービンのドリルの回転スピードは、空気制御で行っているため、あまり細かい微調整が出来ませんが、歯科用マイクロモーターは、電気制御のため、ドリルの回転数を細かく微調整することが可能です。これにより、より精度の高い治療が可能になります。(マイクロモーター歯科)
 
●歯科用マイクロモーターは力が強い
 
エアータービンは、空気の力で羽根を回転させてドリルを回しているため、例えば何かに引っかかってしまうなど、ドリルに抵抗が掛かると、途中で止まってしまうことがあります。これに比して歯科用マイクロモーターは、電気の力でモーターを回転させてドリルを回しているため、途中で止まってしまうことがあまりありません。(これを 、ドリルのトルクが強いと言います)ドリルのトルクが強いと、被せ物を除去する時などに、患者さんへの振動が少なく、より早く快適に除去が出来るようになります。 

歯科用マイクロモーターの特徴

●歯科用マイクロモーターは音が低い
 
歯科用マイクロモーターは、電気モーターのウィーンという音は少し聞こえますが、エアータービンを使うときに起きるキーンという回転音は低減します。
521_G_1417166896329

 
●歯科用マイクロモーターは振動が少ない
 
エアータービンは、被せ物を外す時などに、ドリルの回転がぶれて振動を感じる時がありますが、歯科用マイクロモーターは、ドリルの回転ぶれが少なく、エアータービンに比べて、患者さんの感じる振動が低減します。
 
 
●歯科用マイクロモーターは微調整が出来る
 
エアータービンのドリルの回転スピードは、空気制御で行っているため、あまり細かい微調整が出来ませんが、歯科用マイクロモーターは、電気制御のため、ドリルの回転数を細かく微調整することが可能です。これにより、より精度の高い治療が可能になります。(マイクロモーター歯科)
 
●歯科用マイクロモーターは力が強い
 
エアータービンは、空気の力で羽根を回転させてドリルを回しているため、例えば何かに引っかかってしまうなど、ドリルに抵抗が掛かると、途中で止まってしまうことがあります。これに比して歯科用マイクロモーターは、電気の力でモーターを回転させてドリルを回しているため、途中で止まってしまうことがあまりありません。(これを 、ドリルのトルクが強いと言います)ドリルのトルクが強いと、被せ物を除去する時などに、患者さんへの振動が少なく、より早く快適に除去が出来るようになります。 

今年の桜

 

「桜」 今年の一枚はこれ!

 

f:id:kamishto:20170417182738j:plain


これを撮影した日の前日も翌日も雨、休みもこの日だけ。午前中’うり’と近所で花見、午後から公園に行って撮ってきました。
いつもはjpegにちょっと手を加えるくらいなのですが、RAWデータから現像してみました。

 

ラバーダム防湿法は根管治療では必須!

歯髄腔(歯の神経の入っている空間)は体内ですから元々細菌が存在しない綺麗な環境です。歯髄治療である"歯内療法"の根管治療では標準的な医科外科手術と同レベルで高い滅菌性の確保が感染根管でも必要です。

f:id:kamishto:20170417182134j:plain

世界中の歯内療法学の教科書にはラバーダム防湿法下で歯内療法の根管治療を行うことは最重要項目として最初に挙げられています.
日本では歯科保険治療システムの欠点で臨床家が保険請求ではラバーダム使用の有無で点数が変わらないためにラバーダム自体使わない歯内療法が常態化していますが、
 そもそも歯内療法の根管治療はラバーダム防湿下でしか行ってはいけない治療ですこれは世界の常識です.

術部への細菌の進入を防ぎ,術部とその周辺を口腔内環境から隔絶して清潔な環境を作る治療方法です。
さらにリーマーやファイルの誤嚥と 根管充填材を焼き切る際のヤケドも防止する安全対策のためにも必須な方法です。→使わないと非常に危険です!
巷の歯科医院の9割程がラバーダムを使用しないと言われていますが、アナタの通院する歯科医院はラバーダムを使用していますか?
巷の馬鹿で危険な歯科医(およそ9割)は経費がかかるような言い訳を語るそうですが全くのウソです〜騙されないように!
ラバーダムシートは僅か1枚50円以下です!

世界的常識のラバーダムも使わない治療安全性すら徹底しないで歯科治療を続ける日本の歯科臨床は狂気です!?


下顎大臼歯の感染根管の治療中:術野には唾液の混入などの汚染を完全に防止できます。
ラバーダム防湿法は予後の良い治療に必須な世界標準の処置条件です(歯科タービンハンドピース)。

根管治療でラバーダムを使わない治療は危険ですから絶対に受けないように!
医療過誤の際には、ラバーダムを使わないで歯内療法を行うことは重大な法的過失事項です*   
日本でも年間沢山のリーマーファイルの誤嚥やヤケドが起きています。ただ歯科医師会などから漏れて一般の患者さんには聞こえてこないだけで,潜在的にかなり起きています。

そのような馬鹿な歯科医師がいる医院へは危険ですから絶対に受診しないように!


アナタもラバーダムさえ使わない危険な歯科医院を避け,自分の身は自分で守りましょう!

術中の滅菌性を維持するためには、更にそれと共に滅菌性の確実な器具を使用することの両方が揃って、必要条件が整います。

* 最近、患者さんへアピールする手段として間違った基準や方法でラバーダムをカタチだけ使用し滅菌性の重要な条件を忘れる・治療の根本を無視している歯科医もいるので気を付けて下さい(コントラアングルハンドピース)。
当オフィスではラバーダム防湿法のみならずオールラウンドで厳格な基準で保険/自費治療の区別なく歯内療法を行います。この点はご安心下さい。
ラバーダム防湿法による治療なら是非当院へ!

無菌的な状態で行う神経の治療~ラバーダムを使った丁寧な治療2ラバーダムを完全に正しく装着するには時には手間がかかるだけではなく、ちょっとした工夫や技術も必要です。歯内療法治療では自費・保険治療の区別無く、必ずラバーダム防湿法を使用します。おかげで良い予後が得られています。